アルバイトから正社員になるには、正社員への登用制度がある、または登用実績のあるアルバイト(最近では、ネットを使って雇用先を探す人も増えてきましたね)先を見つけることが第一です。どれだけ正社員になりたくても、アルバイト(パートとの法的な区別はないらしく、あくまでも便宜上の呼び分けとなっています)と正社員の入り口が完璧に分かれていれば、それは無理といえます。会社によって、アルバイト(最近では、ネットを使って雇用先を探す人も増えてきましたね)からしか正社員になれない会社もありますので、そういった会社を狙うのも手です。といって、アルバイト(パートとの法的な区別はないらしく、あくまでも便宜上の呼び分けとなっています)で入ったから必ず正社員になれるとは限らないのです。やはり仕事を行うことが出来なければダメ。会社から、この人を正社員にすれば会社に役に立つと思われるような仕事をアルバイト(ドイツ語の労働が元になった言葉で、バイトともいわれます)のときにしなければならないのはもちろんですがそうです。そのためにも、アルバイト(最近では、ネットを使って雇用先を探す人も増えてきましたね)だからと気を抜いた仕事を行うのではなく、責任(具体的には色々な取り方があるものですが、辞任する、辞めるという取り方も少なくないですね)感を持って働かなければならないでしょう。勿論、人間関係にも気を使わなければならないでしょう。気に入られるアルバイトの態度としては、挨拶をしっかりとする、言われたことには笑顔で答える、仕事をまじめにやるのは当然として、社員の手助けをする、ただし出過ぎないように。正社員になりますからに、これらは忘れないようにしたいものですよね。また、アルバイト(ドイツ語の労働が元になった言葉で、バイトともいわれます)から正社員になってしまいがちな業界というのもあるはずです。外食産業やカラオケ(店舗によって扱っている機種が違います)店、ガソリンスタンド(最近はセルフ式のところも増えていますね)、ホテルの配膳と言う接客業。これらの業種は人手不足ですから、正社員になってしまいがちな業界です。また、ベンチャー企業(ベンチャービジネスといわれることもあり、清成忠男氏などが作った和製英語だそうです)、編集プロダクション、デザイン事務所、警備員、アパレル関係なんかも正社員になってしまいがちな業種と言えますねー